快晴の2日間 新穂高ロープウエイと上高地の絶景を堪能

10月の『宮歩会』は、年に一度の一泊のバスハイクでした。

相次ぐ台風の襲来と不安定な天候が続いていましたが、3連休の始まる
頃から好転し8日~9日は絶好のハイキング日和になりました。
10月8日7:30 久喜IC出発。上信道小諸を過ぎた頃から青空が広がり
無風で車窓から周囲の山並みがくっきりと見え、私達一行を歓迎して
くれているようでした。
≪2日間の風景とロープウエイからの動画を載せます。画像が表示されない
 時はここをクリックして下さい。

第1日目
昼食後、新穂高第1、第2ロープウエイを乗り継いで
標高2156mの西穂高口駅に到着。年間でも稀な好天気です。
     (しらかば平駅)            (第2ロープウエイに乗り換え)

(標高2156m 西穂高口駅展望台からの眺望)

 

第2日目
朝から青空が広がり、冷たい空気が気持ち良い。7:50出発。
宿から至近距離にある<平湯大滝>を訪ねる
日本滝百選の名瀑
落差64m

この後は、いよいよ上高地へ
向かいます。

平湯大滝大滝から約25分
バスは安房トンネルを通って
一般自家用車は入れない上高地
への曲がりくねったトンネルの多い
狭い道を進み上高地バスターミナル
に到着。ここから歩行開始です。

今日も観光客で混雑している河童橋
⇒岳沢湿原嘉門寺小屋⇒明神池
⇒明神橋⇒明神館⇒バスターミナル

(車窓からの大正池)
以前は上高地の代表的な観光スポット
であった大正池は、象徴であった枯れ木
の立ち姿も無くなり、少し寂しい景観に
なっています。
岳沢湿原は木道が整備され、朝の澄み
切った空気と木漏れ日と梓川のリズミカル
なせせらぎの音が、疲れを癒してくれました。

(岳沢湿原から明神岳を望む)       (明神池)

☚(明神橋)
(河童橋前からの梓川とアルプス連峰)

 

 

 

 

 

 

Follow me!