5月の宮歩会定例会は、菅平に行きました

ダボスの丘を目指して歩行会開始

5月12日(日)、参加者は60名でした。バス2台に分乗し元気に出発。
予報では曇りと言われていましたが、上信道上田菅平IC到着時には
日差しが出始め、好天になりました。
菅平はスキーのメッカで、雪が消え、今は広大な斜面が綺麗に整備され
一面枯草の大地が広がり、動きを止めているリフトが静かに私達の姿を
見守ってくれているようでした。
https://youtu.be/Wh9UASOUVuw

 

 

周辺の丘は全てスキーのゲレンデばかり。
オフシーズンの今はひっそりと静まり返って
いる様です。手入れ良く刈り込まれたゲレンデ
は茶色の芝生の様で、靴底に柔らかな優しさを
感じながら息を切らして斜面を元気に歩きました。

オーストラリアのスキー講師ハンネスシュナイダーが
ここでスキーを広めたことで、スキーのメッカとして知られています。
    

午後は菅平湿原に向かいました。水芭蕉を期待していましたが、残念ながら遅かったようです。
それでもほんの少し元気な花が待っていてくれました。
一部修理中の個所もありましたが、木道をゆっくり時間をかけて歩きました。

Follow me!