9月の例会は『榛名湖畔』とゆうすげの道でした。

9月8日(日)第403回『宮歩会』の定例会は、群馬県の榛名湖へのバスハイクでした。
夕刻には台風15号の襲来が予報されていましたが、朝は快晴で相変わらずの夏日の暑さ
です。今回の参加者は55名、大型バスの補助席も使い7:30に久喜インターより東北道
⇒北関東道⇒関越道渋川伊香保ICを経由、榛名山ロープウエイ駅に到着。(9:45)
珍しい2連結型のロープウエイで標高1391mの山頂駅に登りました。
榛名富士神社に参拝

 

榛名富士神社に参拝

山頂の神社は 縁結びと安産の神様でした

 

 

 

参拝の後、榛名湖畔でゆっくりと昼食を摂り、湖畔の遊歩道を
竹下夢二の歌碑まで歩きました。遊歩道の入口は背丈を超える
ススキが茂り、木道が整備されています。木立の間から見える榛名山と
榛名湖が綺麗でした。

名曲『湖畔の宿』記念公園は
逆さ榛名富士のビューポイントですが、湖面に写る姿は見られ
ませんでした。

『湖畔の宿』記念公園からバスでメロディラインに向かい、『ゆうすげの道』へ。
夕すげは、名前の通り夕方近くに花を開き翌日の昼前に花を閉じていしまう花です。残念ながらもうすっかり終わっていました。
マツムシ草はまだ残っていました。4週間前の下見の際に撮った写真を見て下さい。

今回の例会の実行責任者は槇幸子さん。『宮歩会』403回の歴史の中で初めて女性が務めました。
4週間前の下見の計画から今回のコース設定まで、大変な気遣いをされたことと思います。
お陰様で天気も味方をしてくれました。楽しい一日をありがとうございました。
下りロープウエイからの動画を見て下さい。

 

 

Follow me!